新着情報


周望学舎からボランティア第3弾

平成30年10月22日(月)、11月12日(月)


年長者研修大学校・周望学舎の書道研究クラブの研究生23名様が2日間にわたり、シルバーサンホーム・デイサービスにボランティアとして来園。習字の手ほどきをして下さいました。

ご用意頂いたお手本を下敷きになぞる方、お手本を見ながら臨書される方など、その書き方は様々ですが、昔取った杵柄が物を言います。見事な「はらい、はね、とめ」の書道の技法を踏んでの挑戦です。


106歳のご利用者は集中して取り組まれたせいか、大筆の3文字で精根尽き果てたご様子。それでも、署名して、前に張出された時は笑顔満開。作品はお持ち帰り頂いて、ご家族に報告されますが、今夜はぐっすり眠れそうですね。


ボランティアの皆様からは「改めて、昔の習字教育の素晴らしさを実感した」との感想を頂きました。書道研究クラブの皆様ありごとうございました。




Copyright(c) 2014 Silver Sun Home All Rights Reserved.